To English

真鯛
蜜柑
阿古屋貝
陶板への事例
受賞盾
真鯛
蜜柑
阿古屋貝
陶板への事例
受賞盾

世界の創造的かつ革新的な
デジタル印刷

“FESPAアワード2020”
最高賞2冠を
受賞した
印刷技術

Creative Special Effects
創造的特殊効果印刷部門
People’s Choice Award
一般人気投票部門

そのほかの受賞歴はこちらから

2022年度

2021年度

2020年度

  • 「2020年度 FESPAアワード2020」 クリエイティブな特殊印刷加工部門・一般投票部門 金賞
  • 「Sublima+ 印刷コンテスト」カレンダー・ポスター部門 審査員特別賞(日本アグファ・ゲバルト株式会社)
  • 「第71回全国カレンダー展」入選
  • 「Sublima+印刷コンテスト2019-2020」カレンダー・ポスター部門 審査員特別賞 (日本アグファ・ゲバルト株式会社)

2019年度

  • 「Sublima+ コンテスト2018-2019」インクジェット部門 審査員特別賞(日本アグファ・ゲバルト株式会社)

2018年度

  • 「第37回 愛媛広告賞」その他部門 最優秀賞(愛媛広告協会)
  • 「CCE AWARD 2018」グランプリ
  • 「第69回全国カレンダー展」入選
  • 「Sublima+ 印刷コンテスト2017」金賞(日本アグファ・ゲバルト株式会社)

“観て”驚き、
“触れて”楽しみ、
リアルを“感じる”
印刷。

何を表現するのか?どう表現するのか?アートディレクターとデザイナーで基となるデータを制作します。

印刷に使用するのは、UV硬化型インクジェットプリンタ。
まず、インクの印刷位置や量を緻密に計算し、プリンティングディレクターによって設計します。
(インク:カラー6色+ホワイト+クリア)
基材の選定も重要です。

ダイレクトにプリントができるため、使用する基材の材質によって、生まれる質感も変わります。
(基材:用紙、発泡パネル、アクリル板、木材など)
果物の皮の質感、魚介類の質感、油絵具の質感など、素材の質感をリアルに表現する印刷が可能です。

2.5Dリアルプリンティングは、
アートディレクターやデザイナー、
プリンティングディレクター、
そして高度なデジタル印刷機のコラボレーションによって実現されます。

2.5D Real PRINTING

質感表現印刷

【 2Dでもなく、3Dでもない 2.5D

[2.5D Real PRINTING]は、平面上に質感を加えることで
新しい次元(Dimensional)を生み出しました。

私たちはこれを[平面]と[立体]の間 = 「2.5D」と名付けました。

平面に凹凸を生み出す特殊なプリント加工により、
2Dには無い質感や3Dとは異なる立体感を表現し、リアルを追究しています。

【2.5D リアルプリンティング】は、
日本において佐川印刷株式会社が所有している登録商標(登録第6400943号)です。

2.5D Real PRINTING の特長

多彩な質感を表現。基材によって様々な個性がでます。
最大54mmの厚みを持たせることが可能(基材の厚み含む)
用紙、発泡パネル、アクリル板、木材にプリントすることができ、基材を選びません。

2.5D リアルプリンティングの事例
【FESPAアワード2020 受賞作品】

[日本の魚カレンダー]

デジタル印刷機で印刷された、
世界的にすぐれた印刷物を選定する
「FESPAアワード」
弊社「日本の魚カレンダー」は、
その創造性と革新性が評価され、
創造的特殊効果印刷部門において、
最高賞である「金賞」を受賞しました。

紙面

二冠を受賞した「日本の魚カレンダー2020」
紙に2.5Dの技術を施すことで魚の質感(ヌメリや鱗)を追究

陶板としての
リアルさを追究した事例

[砥部焼陶板風スタンド看板]

アルミ複合版に2.5Dの技術を施すことで陶器のような仕上がりを表現。

食品の本物感、絵画の筆や絵の具のタッチなど素材をリアルに表現し、立体感のある造形(2.5D)が可能です。
様々な素材にダイレクトプリントが可能で、“観る”楽しさに加え“触れる”楽しさなど、表現が広がります。

陶板に2.5Dプリンティング
砥部焼陶板風スタンド看板
〈2.5D Real Printing(質感表現印刷)〉
日本アグフア・ゲバルト様が主催する
「Sublima印刷コンテスト2020-2021」にて、
インクジェット部門で金賞を受賞しました。